TOP

ホップサミットとは、どのようなものですか?

近年、国内外では、クラフトビールが大きな盛り上がりを見せているにも関わらず、国内のホップ生産量、消費量は年々減少の一途をたどっています。日本産ホップ推進委員会では、原料生産から加工流通までを見据えた新たな協調と連携の枠組みを創出するために、毎年2回(春と秋)にホップ栽培に関する情報交換、技術交流の場として「ホップサミット」を開催しています。