TOP
かけはしブルーイング

かけはしブルーイング

かけはしブルーイングは京都府与謝郡与謝野町にあるブルワリーです。与謝野産ホップの活用と天橋立の環境課題への取組みを目指して、2020年濱田祐太氏によって設立されました。

丹後の風土・資源に順応し、先人や歴史に倣い敬意を忘れず、理想のビールへの想いに誠実にビールづくりを行っています。

「与謝野町だから」こそできるビールづくりを

かけはしブルーイングのある与謝野町では、近年ホップ栽培に力をいれています。昨年は約2トンと、2015年の栽培初年度の20倍へと成長しました。生産者の方々の手摘みによって収穫されたホップはその日のうちに真空冷凍されます。採れたてに近い状態で真空冷凍された「フレッシュホップ」。鮮度も高く、通常使用される加工ホップと比べても、大変みずみずしく香りも鮮烈です。かけはしブルーイングでは、そんな与謝野町産ホップを使用してビールづくりを行っています。

ビールを飲めば飲むほど、海がきれいになっていく

皆さんご存知でしょうか。実は今、天橋立では大量繁殖した牡蠣が景観を損ね、かつ腐敗した牡蠣による悪臭といった問題が、地域課題になっています。そこでかけはしブルーイングでは、この牡蠣の殻をビール醸造時の「水質調整剤」として活用しています。

ビール作ることで、そしてそのビールを飲むことで環境課題への解決に役立つことが出来る。持続可能な世界の実現のための、これもまた新たな1つの手段ですね。

 

ASOBI

ビアスタイル:ペールエール、アルコール度数:5%、主な材料:ホップ、麦芽、牡蠣殻

かけはしブルーイングのフラッグシップビール、ASOBI。京都府与謝野町に臨する内海「阿蘇海」の語源「あそびの海」と、香る一杯のビールから、ワクワク感を届けたいという想いを込め、「ASOBI」と名前をつけました。

使用しているのは京都府与謝野町産「フレッシュホップ」。新鮮で爽やかな柑橘系のような香りが特徴です。ホップの香りと苦味を活かしつつ、麦の甘みを感じるられ、後味もすっきりしており、お食事とも一緒に楽しめるビールです。

住所 〒629-2261
京都府京都府与謝野群与謝野町字男山119-5
google map
電話番号 050-5373-5587
Webサイト https://kakehashi.beer/