TOP
籠屋ブルワリー

籠屋ブルワリー

籠屋ブルワリーは、東京都狛江市にあるクラフトビール醸造所です。「The Japanese Beer~和食に合わせる日本のビール~」をコンセプトに、2017年に誕生。1902年(明治35年)に創業した老舗の酒販店「籠屋 秋元商店」が設立しました。併設のレストラン「籠屋たすく」では、籠屋ブルワリーのビールや日本酒などと相性のよい発酵料理を提供しています。

籠屋ブルワリーとは

籠屋ブルワリーのある東京都狛江市

狛江市は、都心から小田急線で20分程度でアクセスがよい住宅街。市の南側には多摩川が流れ、川沿いの道には桜並木があり、散歩やランニングを楽しむ人々に親しまれています。
また、実は農地もあり、籠屋ブルワリーでは小川農園でホップを栽培しています。

籠屋ブルワリーの思い

籠屋ブルワリーのコンセプトは「The Japanese Beer~和食に合わせる日本のビール~」。
丁寧に素材の生命力を引き出し、日本の伝統技術を応用することで「つややかで奥深いビール」に仕上げます。

1口目はもちろん、2口目そして2杯目がさらに美味しい。食事と合わせると感動する。「飲むほどに美味しくなるビール」を造りこみます。

籠屋ブルワリーが造るビールとは

籠屋ブルワリーでは、日本の伝統的な醸造で使われている木桶を使い、そこに住んでいるたくさんの微生物が働く環境を整えることで、生き生きとした生命が宿ったビール造りの境地を目指しています。

籠屋ブルワリー醸造

「和轍(わだち)」の発酵工程で使用する木桶

また、狛江市内の小川農園にてホップ栽培に挑戦し、7~8月に収穫したホップでフレッシュホップビールを製造しています。

籠屋ブルワリースペシャルビール

狛江産のホップや果物を使ったスペシャルビール

定番のビールをいくつか紹介いたします。

ゴールデンエール

丁寧な手造りによる透明感、みずみずしさ。ほのかなモルトの甘みと、ホップの爽やかな苦みバランス。飲むほどに美味しくなる定番ビール。(スタイル:  Golden Ale)

遥風(はるかぜ)

オレンジピールとコリアンダーの風味が豊かで、口当たり滑らかな小麦ビール。(スタイル: Belgian White)

白鯨(はくげい)

大量のホップを投入した、白く霞がかったIPA。モルトの甘味とホップの香りが調和した、じっくり楽しみたい芳醇なビール。(スタイル:  Hazy IPA)

和轍(わだち)

和食に合わせる「木桶仕込」ビール。国産麦芽100%使用。ゴールデンエールをベースに、吉野杉の上品な香りがほのかに香る、極上の一杯。食事を引き立たせる力を秘めた、つややかで奥深いビール。(スタイル: Golden Ale Fermented in Japanese KIOKE)

住所 東京都狛江市駒井町3丁目34−3
google map
Webサイト https://kagoyabeer.com/

関連記事