TOP

宮のクラフト酒場【ON TAP情報】

宇都宮アンテナショップ 宮カフェ2階にある宮のクラフト酒場。2021年11月18日(木)にオープン1周年記念イベントが開催されます。

2006年に仕込んだバーレーワイン「GodFather06」が10L限定で飲めます

オープン1周年記念では、ろまんちっく村クラフトブルワリーが2006年に醸造したバーレーワイン「GodFather06」が特別に販売されます。

このビールは、高いアルコールを出すために原料の麦芽を仕込み釜の限界まで投入。長期熟成も考慮してホップを効かせています。醸造当時は、麦芽由来のボディや甘さ、アルコール感、苦味がどれも強かったそうですが、時間の経過とともにボディや苦味も落ち着いて、柔らかい酸味も感じられる変化が表れてきているということです。

15年熟成されたビールはどんな味なのでしょうか。11月18日(木)は17:30から営業となります。「GodFather06」は、10L限定です。早い時間に売り切れてしまう可能性があります。飲んでみたい方は早い時間の来店をお勧めします。

普段の営業は金曜日と土曜日

宮のクラフト酒場は、通常、金曜日と土曜日の営業となっています。

営業時間は、金曜日が17:30~22:00。土曜日が12:00~22:00です。

お店では新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して営業しています。来店時に検温、マスクの着用、手指消毒などの協力をお願いしています。また、混雑時には入店のお断りやテイクアウトを勧める場合があります。

今後、新型コロナウイルスの感染状況によっては、営業時間が変更される場合があります。詳しくは宮カフェのウェブサイトをご確認ください。

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

この著者の他の記事