TOP

BEER PUB Takumiya【ON TAP情報】

フレッシュホップフェスト2021も残り2週間ちょっと。

今回は人と人が繋がるコミュニティーパブを目指している烏丸御池のクラフトビール専門店「BEER PUB Takumiya」の情報をお伝えします。

営業時間は24時まで

緊急事態宣言解除後、営業時間は16時から24時まで(ラストオーダー23時)に変更になっています。

なお、11月は16日(火)、24日(水)、30日(火)が定休日になっています。

HIROSIMA NEiGHBORLY BREWINGのフレッシュホップビールが飲めます

2021年11月12日現在、次のビールが飲めます。

1.MARCA  ホッピーピルスナー(大阪)

2.富士桜高原麦酒 ヴァイツェン(山梨)

3.鬼伝説 金鬼ペールエール サブロver.(北海道)

4.KIX Beer(泉佐野ブルーイング)  Amber ale(大阪)

5.HIROSIMA NEiGHBORLY BREWING Freshhop cold IPA(広島)

6.箕面ビール おさるIPA(大阪)

7.京都醸造×Heretic モカ雷神(京都)

現在、HIROSIMA NEiGHBORLY BREWINGのフレッシュホップビールがつながっています。

こちらは、広島県庄原市高野町で無農薬・無肥料で栽培された「かいこがね」「センテニアル」の他に、フランス産「ナゲット」や「エクスペリメンタルP-13/21」などを使用したCOLD IPAスタイルのビール。

COLD IPAは、低温で発酵させるラガー酵母を、エール並みの高温で発酵させる製法です。「Freshhop cold IPA」は、すっきりした味わいで、ホップの上品な苦味とハーブや花のような香りが楽しめます。

この週末にBEER PUB Takumiyaさんに飲みに行ってみてはいかがでしょうか。

※ON TAP情報は2021.11.2現在のものです。来店の際は、SNSで最新の情報をご確認ください。

BEER PUB Takumiya Facebook

BEER PUB Takumiya Instagram

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

この著者の他の記事