TOP
OH!LA!HO BEER

OH!LA!HO BEER

OH!LA!HO BEER(オラホビール)は、長野県東御市にあるクラフトビール醸造所です。1996年に設立。価格は抑えめで、どこにも負けないビール造りを目指しています。

オラホビールとは

 

オラホビール工場

2020年4月にリニューアルしたオラホビールの工場

オラホビールは、長野県東御市にあるクラフトビール醸造所。「わたしたち」を意味する「おらほ(OH!LA!HO)」という方言が名前の由来で、1996年に設立しました。

オラホビールのある東御市

オラホビールのある東御市は、2004年に東部町と北御牧村が合併して誕生しました。長野県の東部に位置し、北は浅間連山、南は蓼科、八ヶ岳の雄大な山なみに囲まれ、東西に流れる千曲川と合わせて豊かな自然環境が残っています。

全国的に見ても晴天率の高いまちで、日照時間が長く降水量が少ない気候、水はけの良い土壌はビールの原料となるホップ栽培に適しており、オラホビールでは2010年から自社栽培にも取り組んでいます。

オラホビールの思い

オラホビールは1996年に設立。当初は町おこしの名目で展開していました。そのため、地ビールブーム終焉からは非常に苦しい時期を経験したとのこと。しかし、その後転換期を迎えてからは、お客様にいかに喜んで頂けるか、そのためのビール造りを心がけてきました。
自分たちの作りたいもの、お客様にお飲みいただきたいもの、そしてお客様に如何にそれを伝えられるかを高い意識をもって実行しています。

オラホビールは全国のスーパーやコンビニでも購入できますが、これはオラホビールがクラフトビールのコアファンのみならず、クラフトビールに詳しくない方にも気軽に手に取ってもらえる環境を求めて、長年営業努力を重ねた結果です。

『様々なメーカーのビールが近所のスーパーで購入できる』、そんな環境が広がればもっと気軽なアイテムとして認知されファンが拡大に繋がるのではと願っています。

仕込み窯と発酵タンク

仕込み窯と発酵タンク

オラホビールが造るビールとは

オラホビールでは徹底したホップの使い方の色分けにこだわり、味わいと香りのバランスを重視し、ドリンカビリティーの調整に力を注いでいます。また、価格は抑えめで、どこにも負けないビール造りを目指しています。そんなオラホビールの代表的な銘柄をいくつかご紹介します。

ゴールデンエール

柑橘や桃を思わせる香り。ほんのりホップのパンチが効いた、口当たりの良いゴールデン(黄金色の)エール。

ゴールデンエール

柑橘や桃を思わせる香りのゴールデンエール

アンバーエール

独特のアンバー(琥珀色の)カラーが特徴。ロースト麦芽由来のほろ苦さと豊かな風味が広がり、それを束ねるホップのアクセントが絶妙なバランス。

ヌーベルセゾン

「セゾン」はベルギー発祥のビアスタイル。昔、農作業の合間に喉を潤す目的で作られていたそうです。 ヌーベルセゾンは、酵母由来の華やかな香りが特徴。ホップの苦味は控えめに、爽やかに仕上げました。ビールが苦手な方にもおすすめ。

キャプテン・クロウ エクストラペールエール

通常の2倍以上のホップを使うことで、鼻孔にダイレクトに伝わるジューシーなアロマを実現。濃厚かつビターな飲み心地が2杯目を誘います。

雷電 閂 -カンヌキ- IPA

地元伝説の力士「雷電為右衛門」をあしらった、ドリンカブルなIPA。パッションフルーツのような華やかなホップアロマ、飲みごたえがありつつ軽い口当たりが特徴。

ビエール・ド・雷電季節仕込みビール

四季折々、その季節におすすめのスタイルを発信します。
・春仕込み ホワイトエール
・夏仕込み ヴァイツェン
・秋仕込み インディアペールエール
・冬仕込み ポーター

住所 長野県東御市和3875
google map
Webサイト https://ohlahobeer.com/

関連記事