TOP
ブルワリー

ホップ栽培も行うwakayama breweryのフレッシュホップビールとは?

「ホップ圃場で感じるあの鮮烈な香りをお客さまにお届けしたいんです」

wakayama breweryのオーナー・ブルワーの吉田友之さんが言うように、摘んだばかりのホップの香りはとても魅力的なものです。その香りを楽しめるのがフレッシュホップを使ったビールであり、wakayama breweryもフレッシュホップフェストに参加するブルワリーのひとつ。

今回は和歌山県で唯一フレッシュホップフェストに参加予定のブルワリー、wakayama breweryを紹介します。

ホップ栽培から自社パブでの提供まで

wakayama breweryは酒販店の三代目オーナーでもある吉田友之さんが立ち上げた醸造所です。2016年から自社設備で醸造を開始。「AGARA CRAFT(あがらクラフト)」というブランドで、併設パブ和歌山麦酒醸造所 三代目で販売するほか、外販も行っています。

いわゆるブルーパブという形態ですが、自社でホップも栽培。原料の生産から醸造、提供まで取り組んでいます。そのため、ビールを飲んだお客さまの反応をすぐ商品開発に生かせるとのこと。

提供するビールは、ホップの特徴をできるかぎり生かしたもの。「インディアペールエール」「ペールエール」「バイツェン」といったレギュラービールでは、ホップの香りや酵母によるエステルを感じることができます。

wakayama breweryのフレッシュホップビールとは?

そんなwakayama breweryが醸造予定のフレッシュホップビールは、上面発酵でホップのフレッシュな香りを生かしたビール。ホップが主役のビールになるとのことで、早ければ8月4日には併設のパブにて限定発売するそうです。

昨年もフレッシュホップビールを醸造したwakayama brewery。今年のビールはどんな味わいになるのか楽しみです。

DATA

wakayama brewery
住所:和歌山県和歌山市十一番丁54
URL:http://wakayama-brewery.com/
Facebook:https://www.facebook.com/k.sandaime/

ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、制作会社勤務を経て、現在は英字新聞社で勤務しつつ、ビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。著書『BEER CALENDAR』(ワイン王国)

執筆・監修:ビール王国』(ワイン王国)、『ビール大全』(楽工社)、『るるぶキッチンmagazine 秋冬号』(JTBパブリッシング)、「あなたのしらない、おいしいビール」(cakes)、他多数。

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/