TOP
ブルワリー

暖簾を守るな、暖簾をやぶれ! 道後ビールがフレッシュホップIPAに挑戦

湯あがりに一息ついて飲むビールのおいしさは、多くの人が認めるところでしょう。

愛媛県松山市で1895(明治28)年に創業した水口(みなくち)酒造は、「湯あがりビールいかがですか」をコンセプトに道後ビールを醸造する造り酒屋。松山市といえば、日本三古湯のひとつでもあり、日本最古の温泉とも言われる道後温泉で知られています。

その道後温泉の地で、ビールだけでなく道後温泉での思い出作りまでを考える、水口酒造の道後ビールについて紹介しましょう。

湯上がりに飲むビールを意識した味わい

道後ビールは1996年から醸造を開始。「ケルシュ」「アルト」「スタウト」「ヴァイツェン」の4種を定番ビールとして醸造しています。

ほかにも、愛媛県産の原料(オレンジ、ライム、ブルーベリー)を使用したフルーツビール、季節限定のカカオビールも販売。いずれも基本のビアスタイルを大切にしつつ、湯あがりに飲むビールを意識しているそうです。

道後ビールのフレッシュホップビールとは?

道後ビールは2018年からフレッシュホップフェストに参加。「ワクワクすることにチャレンジしたい」という思いがあり、2019年も参加することとなりました。

伝統のある酒蔵でありながら、いや、だからこそ、かもしれませんが、「暖簾を守るな、暖簾をやぶれ」という教えのもと、さまざまなことに挑戦しているとのこと。フレッシュホップビールを造ることもそのひとつ。

その道後ビールが造る予定のフレッシュホップビールはIPAだそうです。道後ビールではこれまでにIPAを造ったことがなく、これが初めてのIPAとなる予定。リリースは9月中旬以降。どんなビールになるのか、情報が入り次第また紹介したいと思います。

DATA

道後ビール(水口酒造)
住所:愛媛県松山市道後喜多町3-23
URL:https://www.dogobeer.co.jp/

ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、制作会社勤務を経て、現在は英字新聞社で勤務しつつ、ビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。著書『BEER CALENDAR』(ワイン王国)

執筆・監修:ビール王国』(ワイン王国)、『ビール大全』(楽工社)、『るるぶキッチンmagazine 秋冬号』(JTBパブリッシング)、「あなたのしらない、おいしいビール」(cakes)、他多数。

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/