TOP
ブルワリー

NAMACHAん Brewingがフレッシュホップを燻製ビールに!?

東京・豊島区の3カ所で燻製料理とお酒が楽しめるお店を展開している株式会社スモークビアファクトリー。そのうちのひとつSmoke Beer Factory大塚店は、醸造所のNAMACHAん Brewingを併設しています。

自社で燻製した麦芽を使用した燻製ビールをはじめ、20代や日常的にビールを飲まない人に興味を持ってもらえるようなビールを造っています。

フレッシュホップフェストには、一昨年の2018年から参加し、2020年で3回目の参加となるNAMACHAん Brewing。醸造長の米澤美里さん(以下、なまちゃん)にお話を聞きました。

2020年のフレッシュホップビールはペールエールと燻製ビール

――2020年でフレッシュホップフェストの参加は3回目となります。このイベントに参加を続ける理由は、どんなところにありますか。

なまちゃん:日本産ホップの可能性を追求できるところです。

――フレッシュホップにどんな可能性があると思いますか。

なまちゃん:みずみずしさや青々しさがあり、ペレットホップには出せない表現ができると思います。

――2019年に醸造したフレッシュホップビールを造られましたか

なまちゃん:フレッシュホップの岩手県遠野産IBUKIとペレットホップのアメリカ産Idaho 7を使用した「なまホップIPL」を造りました。フレッシュホップのみずみずしさに加え、フローラルな香りとIdaho 7のトロピカルな香りが広がるビールでした。

2019年のフレッシュホップビール「なまホップIPL」【写真提供/NAMACHAん Brewing】

――2020年のフレッシュホップビールは、2019年とは違うビールを造る予定ですか。

なまちゃん:2020年は、ペールエールとスモークビールを、それぞれ1種類ずつ造る計画です。通常フレッシュホップをスモークビールに使わないと思いますが、燻製専門店として今年は挑戦したいと思っています。レシピづくりに一生懸命頭を使っています。

――醸造予定日と発売時期を教えてください。

なまちゃん:醸造は9月中を検討しています。発売時期はビールの発酵や熟成の状態にもよりますので未定です。

――醸造を担当するのは、なまちゃんですか。

なまちゃん:はい。私が担当します。

――2020年のフレッシュホップビールも楽しみにしています。ありがとうございました。

Data

Smoke Beer Factory大塚店 NAMACHAん Brewing
住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-60-19 パルムハウス南大塚103
電話:03-3942-0180
ウェブサイト
Facebook

木暮 亮
ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。