TOP
ブルワリー

BACCAブルーイングと安曇野産信州早生の邂逅。

BACCA。

アルファベットを眺めているだけでなく、この読みを漢字にしてみるとイメージが湧きやすいかもしれません。

麦香。

BACCAブルーイングは香りを大切にしているという思いが名前から垣間見えます。そんなBACCAブルーイングがフレッシュホップフェストに参加するのは、ある意味で必然なのかもしれません。

安曇野のフレッシュホップを使ったベルジャンブロンド

BACCAブルーイングは、長野県松本市にあるブルーパブ。JR松本駅アルプス口(西口)から徒歩数分の場所で、2018年5月オープン。ヨーロッパのスタイルからアメリカンスタイルまで、さまざまなスタイルのビールを造り、その店舗にて提供しています。

BACCAブルーイング

「ビールにはいろいろな種類があることを知ってもらいたい」という代表の深沢さん。

松本周辺で栽培されている農産物を使ったビールも醸造しています。梅、杏、レモン、モモなどからキュウリまで。深沢さん曰く「これらをどんなスタイルのビールに合わせるかが面白い」。

そのBACCAブルーイングがフレッシュホップフェストに参加したのは、松本市の隣、安曇野市の「安曇野産ホップを生産する会」からの提案がきっかけ。安曇野のフレッシュホップを使ったビールを造りませんか、と誘われたそうです。

そしてできあがったビールは、信州早生のフレッシュホップを使ったベルジャンブロンド。すでに8月14日から提供を開始しており、9月末くらいまでは提供できるのでは、とのこと。

安曇野産信州早生の香りを楽しみたい方は、9月中に松本のBACCAブルーイングへ。

DATA

BACCAブルーイング
住所:長野県松本市巾上4-33
URL:https://www.facebook.com/bacca.brewing

ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、制作会社勤務を経て、現在は英字新聞社で勤務しつつ、ビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。著書『BEER CALENDAR』(ワイン王国)

執筆・監修:ビール王国』(ワイン王国)、『ビール大全』(楽工社)、『るるぶキッチンmagazine 秋冬号』(JTBパブリッシング)、「あなたのしらない、おいしいビール」(cakes)、他多数。

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/