TOP
ブルワリー

軽井沢をクラフトビール王国に!ヤッホーが目指す未来とフレッシュホップ

日本の寒冷地では、もともとホップの栽培地だった、かつてはもっとホップを栽培していた、というところが意外とあります。

北海道、東北はもちろんそうですが、山梨や長野もホップ栽培が行われていました。上田市・小諸市・佐久市・軽井沢町などの長野県東信地方もそのひとつ。現在では衰退してしまいましたが、30〜40年前まではホップ産地として知られていたそうです。

その長野県東信地方の代表的なブルワリーのひとつ、ヤッホーブルーイングもフレッシュホップフェストに参加。どんなフレッシュホップビールを醸造するのでしょうか。

ホップ

軽井沢町を日本一のクラフトビール王国に!

ヤッホーブルーイングは1997年に創業。「ビールに味を!人生に幸せを!」をミッションに掲げ、日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出しようとしています。

「よなよなエールの超宴」などのファンとの交流イベントも人気。プロモーションや製品を差別化する方法もユニーク。また、各製品のターゲットを狭く具体的にすることで、さまざまな消費者にアプローチすることができているのです。

そんなヤッホーブルーイングがフレッシュホップフェストに参加した理由の大本には、軽井沢町を日本で一番クラフトビールが浸透している町(=クラフトビール王国)にしたいという思いがあります。軽井沢町はクラフトビールのシェア(金額ベース)が30%にまで達し、アメリカ並の水準。

そして、その取り組みのひとつとして、地元で育ったホップを使った軽井沢ならではのビールの楽しみ方を提供したいとのこと。また、上述したように東信地方はかつてホップ生産地だったこともあり、それを復活させたいという思いもあると言います。

フレッシュホップのキャラクターを立たせたゴールデンエール

ヤッホーブルーイング フレッシュホップ

そんなヤッホーブルーイングの活動を知ってもらうために、同社が醸造するフレッシュホップビールは、「軽井沢ビールクラフトザウルス フレッシュホップエール2019」。

ビアスタイルはゴールデンエールで、フレッシュホップならではの青々したフレーバーが感じられるビールになるそうです。フレッシュホップのキャラクターを立たせつつ、もちろんビールとしてのおいしさも担保した味わいになるとのこと。

なお、使用するホップの栽培は、JA佐久浅間の子会社である株式会社グリーンフィールドに依頼。軽井沢産小麦の「ゆめかおり」も使用しています。

テロワールなビール造りも目指す【ヤッホーブルーイング】のホップ作り

ホップの収穫と仕込みはすでに終了し、あとは完成を待つだけ。ヤッホーブルーイングのフレッシュホップビールは10月初旬頃から、軽井沢のお店やヤッホーブルーイングのイベントにて提供されます。

DATA

ヤッホーブルーイング
住所:長野県軽井沢町長倉2148(本社)、長野県佐久市小田井1119-1(佐久醸造所)
URL:https://yohobrewing.com/

 

ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、制作会社勤務を経て、現在は英字新聞社で勤務しつつ、ビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。著書『BEER CALENDAR』(ワイン王国)

執筆・監修:ビール王国』(ワイン王国)、『ビール大全』(楽工社)、『るるぶキッチンmagazine 秋冬号』(JTBパブリッシング)、「あなたのしらない、おいしいビール」(cakes)、他多数。

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/