TOP

〜ホップそよ風通信〜【ろまんちっく村クラフトブルワリー#01】まもなく収穫です

圃場でホップが育ちつつある過程を、写真を中心にお伝えする「ホップそよ風通信」。栃木県宇都宮市の「ろまんちっく村クラフトブルワリー」にホップの育つ様子を見てきました。

訪れたのは7月4日・5日に行われたろまんちっく村ビール&収穫祭。イベントの合間に圃場の様子を見学させていただきました。

この日は天気が悪く、圃場のぬかるみが酷かったため、少し離れた位置で生育状況を確認。

8月の収穫祭に向けてぐんぐん成長中!

こちらの圃場(この他に日光にも圃場があります)ではカスケード、センテニアル、チヌーク、信州早生の4種類を育てています。5月の上旬にお知らせしたときは、まだつるはロープに巻き付いていない状態でしたが、もう上まで伸びて覆い茂っていました。

気になる毬花は、まだそれほど大きくなっていませんでしたが、見学した日から約2週間経っていますので、もっと成長していることでしょう。

8月2日(日)には、例年行われているホップ収穫体験も行われる予定で(後日、イベント情報をお伝えします)、誰でも参加できるイベントです。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染対策をしっかりと行っての開催となります。

収穫されたホップで、今年はどんなビールが仕込まれるでしょうか。とても楽しみです。

DATA

ブルワリー名:ろまんちっく村クラフトブルワリー

住所:〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙254

TEL:028-665-8800

FAX:028-665-8678

Website:公式ホームページFacebookYouTube

栽培面積:非公開

栽培品種:カスケード/センテニアル/チヌーク/信州早生

ホップ購入方法:外販なし

木暮 亮
ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。