TOP

ふたこビールの「Fresh Fresh Fresh 2021」が販売中です!

世田谷ホッププロジェクト」で育てた世田谷産ホップを使って仕込んだフレッシュホップビール「Fresh Fresh Fresh 2021」が販売されました。

今年のフレッシュホップエールの特徴は?

メインのホップはカスケード、センテニアル、チヌークです。しかし、オリンピックやソラチエースという他の種類も入っています。フレッシュホップによって、口当たりがスムーズ、口の中と後味は植物そのもののオイルを感じます。
ホップを乾燥させると飛んでしまう植物の味と香りがフレッシュホップのビールでは楽しめます。
(Brewer’s noteより抜粋)

どこで買えるの?飲めるの?

「Fresh Fresh Fresh 2021」は、直営のブリューパブ「ふたこビール醸造所」でいただくことができます。
ボトルも販売していたのですが、10月上旬の週末に完売しました。
「来年はもっと作ろうと思います」と、ふたこビール代表の市原さん。

fresh fresh fresh グラス&ボトル
店内はもちろん、プラカップでのテイクアウト、グラウラーでの量り売りもしていますので、二子玉川の散歩のお供にもオススメです!

商品情報

商品名: Fresh Fresh Fresh 2021
スタイル:フレッシュホップゴールデンエール
度数:4.9%
IBU: 27
提供方法: 店内、テイクアウト(プラカップ)、量り売り(グラウラー)

1975年名古屋生まれ。2003年に就職して上京。
社会人になって趣味で登山を始め、山頂で飲むビールの美味さに感動。
さらに、登山で訪れた街のビアバーでクラフトビールの美味しさに目覚める。
ビールの魅力にはまり、2017年に日本ビール検定2級に合格。

自分の感じたビールの魅力や楽しみ方を、様々な方法で発信していきたいと考えています!

この著者の他の記事