TOP
ヤッホーブルーイング

ヤッホーブルーイング

ヤッホーブルーイングは1997年に創業。「ビールに味を!人生に幸せを!」をミッションに掲げ、日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出しようとしています。醸造所は、本社のある長野県軽井沢町のとなり、佐久市と御代田町にあります。

ヤッホーブルーイングとは

ヤッホーブルーイングは1997年に創業。「ビールに味を!人生に幸せを!」をミッションに掲げ、日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出しようとしています。

ヤッホーブルーイングのある長野県軽井沢地区

避暑地のイメージが強い長野県軽井沢地区。浅間山の麓にヤッホーブルーイングの本社、佐久醸造所と御代田醸造所があります。また、自社の「軽井沢ホップ畑」でホップの栽培も行っています。

ヤッホーブルーイングの想い

ヤッホーブルーイングは、軽井沢を日本で一番クラフトビールが浸透している町(=クラフトビール王国)にしたいという想いがあります。その想いと活動の結果か、軽井沢町はクラフトビールのシェア(金額ベース)が何と30%※にまで達し、アメリカ並の水準です。

よなよなの里「よみもの」2019年3月15日の記事より。

ヤッホーブルーイングのビール

ヤッホーブルーイングの定番ビールは、日本全国のコンビニやスーパーで購入できますが、軽井沢地区やオンラインサイトでしか販売されていないシリーズもあります。代表的な銘柄をいくつかご紹介します。

ヤッホービール4種

左から、水曜日のネコ、よなよなエール、インドの青鬼、東京ブラック

よなよなエール

クラフトビールの王道の味わいを追求した「アメリカンペールエール」。グラスに注ぐと、カスケードホップ由来の爽やかな柑橘を思わせる香りが広がります。口に含むとモルトの甘みとしっかりとしたボディの強さを感じることができます。

インドの青鬼

ホップ由来の華やかな香りと強烈な苦みが特徴の「IPA(インディアペールエール)」。口に含んでみると「ニガッ!」と思わず声に出てしまうほどの苦味なのに、それと同時に思わず口元が笑ってしまう不思議なビールです 。

水曜日のネコ

週の真ん中水曜日にのんびり楽しみたい「ベルジャンホワイトエール」。グラスに注ぐとたちのぼる、青りんご、バナナ、オレンジのようなフルーティな香り。口に含めば、ほのかなハーブ感が香りを引き立て、すっきりとした飲み口がやさしく喉を潤してくれます。

軽井沢ビール クラフトザウルス

グレープフルーツを思わせる華やかなホップ香は、天地を突き抜けるような衝撃をあたえます。豊かなホップの香りと、さわやかな苦み、モルトの甘味がバランスよく、先進的な印象を持つ味わいになりました。

軽井沢地区またはオンラインサイト「よなよなの里」で購入できます。

クラフトザウルス

地域・オンラインサイト限定のクラフトザウルス

 

注)本ページ記載の住所は佐久醸造所です。

住所 長野県佐久市小田井1119-1
google map
Webサイト https://yonasato.com/

関連記事